【サッカー】ジャンピングアットとは?相手に飛びかかる反則

「これからサッカーのことを勉強したい!」と思う人が、まずつまずいてしまうのがサッカー用語のカタカナの多さですよね。

実況者の言っている内容を1つでも理解できるように、この記事では「ジャンピングアット」について解説します。

スポンサーリンク

サッカーの反則行為「ジャンピングアット」とは?

ジャンピングアット(jumping at)とは、相手プレーヤーに飛びかかる行為のことを言います。

相手プレーヤーが近くにいるときに、浮いたボールをヘディングしようとジャンプして相手選手とぶつかってしまうようなプレーのこと。

もちろん、ボールを奪いに行く(ヘディングする)フリをしてわざと相手選手に飛びかかったりすればファウルになります。

また、体を投げ出したようなタックルやジャンプして相手に体当たりする行為は、「ジャンピングアット」の反則にあたります。

サッカーでジャンピングアットをした場合の罰則

ジャンピングアットをした場合、酷いときには反スポーツ行為としてイエローカードで警告を受けることもあります。

関連記事

サッカーでは反則行為(ファウル)をすると、状況により「イエローカード」や「レッドカード」が出されます。 [kjk_balloon id="6"]でも、カードが出ないファウルの方が圧倒的に多いですよね。[/kjk_balloon] […]

ジャンピングアットをした場合、相手チームに直接フリーキックを与えることになります。

totoがスマホでも買える
Club toto会員なら、サッカーくじ「toto」が24時間いつでも家にいながら買えちゃいます。

toto BIGならサッカー知識も必要なし!100円から買えてお手軽なのに、毎週億万長者になれるチャンスが!

会員登録だけでOKなキャンペーン開催中
 
他にもおすすめ記事あります
サッカーに関する記事一覧 ブログのトップページへ  
あずさんち公式SNS